精神科セカンドオピニオン―正しい診断と治療を求めて

 

著:誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち+笠陽一郎(医師・味酒心療内科理事長)

 ISBN978-4-9903014-1-5/B5/282

定価:2592円(本体2400円+税)

 

「このままでいいのだろうか・・・」。診断と処方に悩む患者・家族をはじめ、精神医療にかかわるすべての人のために!
患者・家族と医師が協働してつくった命のガイドブック!!

▽誤診と誤処方を受けた患者・家族の体験記28編を掲載
▽診断と処方を見直すためのサポート情報として、
精神疾患・精神科薬剤の基礎知識~主治医と協働するための交渉術まで掲載

 

■目 次

第1編 誤診・誤処方の体験記

 

第2編 診断・処方を見直すためのサポート情報

精神疾患と症状の基礎知識

精神科薬物療法の基礎知識

セカンドオピニオン実現への道―主治医といかに協働するか

 

精神医療の荒廃―医療信仰・薬信仰から脱しよう!

原点―なぜウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」は開かれたか

 

■著者について

誤診・誤処方を受けた患者と家族たち:
「私たちの思い、経験を生かした本をみんなでつくろう」。ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」を通して、本書出版のために集まった患者とその家族たち(取りまとめ役はアトム氏)。本書には、名前を掲載している以外にも、多くの患者と家族が参加・協力している。 
笠陽一郎(りゅう・よういちろう) :
1947年愛媛県松山市生まれ。神戸大学医学部卒業。 「精神病」者の自立と解放を軸に闘い続ける医師。1日相当数の外来診療の傍ら、ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」でセカンドオピニオンを無償で提供する。

  • 有効
  • 配送期間:1-3日1