医療事故後の情報開示――患者・家族との対話のために

2015年2月25日刊行

 

ハーバードが採用した情報開示のコーチング・モデル

情報開示対話のための

・実践的ガイドライン

・関係的価値TRACK――透明性、敬意、説明責任、継続性、親身さ――

の重要性など、具体例も豊富に掲載。

 

著:ロバート・D・トゥルオグ

  デービッド・M・ブラウニング

  ジュディス・A・ジョンソン

  トーマス・H・ギャラガー

訳:和田仁孝(監訳)

  植田有香

  金城隆展

 

定価3,024円(本体2,800円+税) 

A5/204

ISBN978-4-9907221-5-9

 
医療安全担当者は必読の本です。
本書は、Talking with Patients and Families about Medical Error(Johns Hopkins University Press, 2011.)の翻訳書です。ハーバード大学関連病院で採用された、医療事故後の情報開示・対話モデル(コーチング・モデル)について、その考え方、実践、教育を解説。ハーバード大学関連病院の声明 “When things go wrong"「 医療事故:真実説明・謝罪マニュアル」の実践編とも言えます。

 

目 次

第1章 医療者、患者、そして家族の目を通して見た医療エラー
第2章 医療エラーとは何か?
第3章 医療安全推進運動の概観
第4章 有害事象と医療エラーのことを伝える
第5章 情報開示において医療者を支援するコーチング・モデル
第6章 コーチや医療者のための実践に基づく学習
第7章 情報開示対話のための実践的ガイドライン
第8章 体験実践を通した学習
第9章 有害事象および医療エラーの多様性
第10章 情報開示対話改善のための組織的戦略
第11章 将来の方向性と結語

  • 配送期間:3-5日1