医療メディエーション―コンフリクト・マネジメントへのナラティヴ・アプローチ

 

本書は、『医療コンフリクト・マネジメント―メディエーションの理論と技法』の改題・改訂版です。医療メディエーションの最新の知見を盛り込み、大幅に増補・内容の見直しを行っております。

 

※こちらで本書をご注文いただいた方には、おまけとして、著者の中西淑美先生(山形大学医学部准教授)による、手折り小冊子『医療メディエーションポケットマニュアル』(内容がプリントされたA4の紙を折ってつくるもの)をお付けいたします! 

 

 

著:和田仁孝(早稲田大学大学院法務研究科教授)

  中西淑美(山形大学医学部総合医学教育センター准教授)

定価4104円(本体3800円+税) 

 ISBN978-4-9903014-4-6/B5/308 

 

※本書の「はじめに」(まえがき)をPDFファイルで公開しております(ページ下部)。

 

目 次

I 医療メディエーションとは

A 医療メディエーションの定義

B 医療メディエーションの諸前提 

C 医療事故と医療メディエーション

D 医療メディエーションの適応場面

E 医療施設における対話文化の醸成と医療メディエーション

F 医療安全への示唆

 

II 医療メディエーションの理論的背景と構造

A コンフリクトとコンフリクト・マネジメント

B メディエーションの諸類型

C ナラティヴ・アプローチによる医療メディエーション

D 医療メディエーションのラダーと流れ

 

III 医療メディエーションのスキル

A 医療メディエーターの振る舞い方のポイント

B 医療メディエーション・スキルの全体像

C 気づきのためのスキル─―認知構造の把握と変容へのパスの発見

D エンパワメント・スキル(聴くスキル)―─傾聴と信頼関係の構築のために

E 対話促進のスキル

F 流れをスムーズにするスキル

G まとめの問題

 

IV 医療メディエーション・ロールプレイ

A Phase1:セルフ・メディエーション

B Phase2:現場対応メディエーション

C Phase3: 専従メディエーターによる医療メディエーション

 

WORK の解答例・解説

 

  • 有効
  • 配送期間:3-5日1
本書の「はじめに」(まえがき)をPDFファイルで公開しております。
hajimeni.pdf
PDFファイル 574.1 KB