アウェアネス介助論―気づくことから始める介助論【上巻】解剖学・生理学と基礎的理解

 

著:澤口裕二(士別市立病院 療養病棟担当医師 診療部長)

ISBN978-4-9903014-5-3/B5/770 

定価6912円(本体6400円+税)付録DVD2枚付き

 

※『アウェアネス介助論』のパンフレットをPDFファイルで公開しております(ページ下部)。

 

あなたが気づけば世界は変わる! 

「気づくこと」(アウェアネス)を中心に自然科学、行動科学などの諸科学を介助のツールとして理解できるおもしろさを提供。哲学に始まり、進化発生学、解剖学、生理学や、キネステティクス、フェルデンクライス・メソッド、アレクサンダー・テクニークまで。

 

■ボディメカニクスからサイバネティクス(情報理論)へ

従来のボディメカニクス中心の介助ではなく、「接触と動き」を媒体とするサイバネティクス中心の介助について解説。

 

目 次

<すべての核となるもの>

アウェアネス介助の哲学

 

<基礎知識>

感じる解剖

安 楽

感 覚

感じる神経

動きの中枢と日常生活の動き

接触と動きの生理学・心理学

動きの進化発生学

ヒトの移動の発達

 

<一般理論>

システムとサイバネティクス

コミュニケーション理論

抗重力システム

動きと感覚の学習 

成長、老化、学習

  • 有効
  • 配送期間:1-3日1
『アウェアネス介助論』パンフレット(PDFファイル、4ページ)
『アウェアネス介助論』パンフレット.pdf
PDFファイル 25.4 MB