ホスピタリストのための内科診療フローチャート 第2版

変更・修正点について、以下のとおりお知らせ致します。

(対象:2020.12.5【第2版第4刷】)

 

P189 表2 FIB-4 index

修正前

修正後

FIB-4score

  年齢(y)×AST(IU/L)

= ―――――――――― ×  √ALT(IU/L)  

      血小板数(×10⁹/L) 

FIB-4score

      年齢(y)×AST(IU/L)

= ――――――――――――――――――  

     血小板数(×10⁹/L)× √ALT(IU/L)

 

P540 右1行目 

修正前

修正後

PRI<2では骨髄における赤血球の…

RPI<2では骨髄における赤血球の…

 

 

変更・修正点について、以下のとおりお知らせ致します。

(対象:2019.8.30【第2版第1刷】~2020.1.27【第2版第3刷】)

 

P51 フローチャート内

修正前

修正後

抗凝固薬必要なし

アスピリン使用

抗凝固薬必要なし

 

P53 1行目

修正前

修正後

0点ではアスピリンで代用可能.

0点では抗凝固療法は不要

 

P105 右「酸素療法」の説明1行目

修正前

修正後

PaO255mmHgまたはPaO288%で導入する.あるいはPaO55-60mmHg,

SpO88%で肺高血圧を

PaO255mmHgまたはSpO288%で導入する.あるいはPaO55-60mmHg,

SpO88-90%程度で肺高血圧を

 

●P533 表3 

選択的エストロゲン製剤/ラロキシフェン/おおよその年間必要費用(薬剤費)

修正前

修正後

3.6万円(ジェネリック6万円)

3.4万円(ジェネリック1.5万円)

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-5300-2081

FAX: 03-5300-2081