アウェアネス介助論

上巻

p144

2行目の「ですから」以降の記載を、以下のように修正してください。


「ですから、便をこらえるには内閉鎖筋の緊張が必要です。内閉鎖筋は下肢の大転子についています。下肢が内転する、つまり内股になると、内閉鎖筋は伸ばされます。緊張が高まりやすくなります。便や尿を我慢している人が……」

お問い合わせ

TEL: 03-5300-2081

FAX: 03-5300-2081